忍者ブログ
2019.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2004年に勤務先が原因でパニック障害とうつを発症して、その後退職。治療を続けて、2018年にようやく全く違う分野での社会復帰を果たす。まだまだ周囲のサポート無しでは働けないし生活も出来ないので、いつか自立出来るようになるのが目標。
応援クリックお願いします
最近読んだ本

無職転生(9) 異世界行ったら本気だす (MFブックス) [ 理不尽な孫の手 ]

魔法大学で学生生活を送っていたルーデウス。ある日、街中で出会ったフィッツに違和感を抱く。そしてフィッツの秘密を知ってしまったルーデウスは…シリーズ第9弾。

利き蜜師物語 銀蜂の目覚め [ 小林 栗奈 ]

蜂蜜から様々なことを読み取る力を持つ<利き蜜師>の仙道。豊かな花場があるカガミノに彼がやって来て四年。穏やかな暮らしを、一匹の銀色の蜂が脅かす。仙道は、幼い弟子・まゆと共に、かつての友人の元を訪れる。シリーズ第1弾。第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞受賞作。

錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。 1 (MFブックス) [ 夏月 涼 ]

王都に一人でやって来た若き錬金術師のレイス。有り金を全部騙し取られ困っていた彼を助けてくれたのは、S級冒険者のラフィーだった。規格外の錬金術師のレイスが織り成す、冒険物語が今始まる。シリーズ第1弾。

プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
読書、書道、華道
自己紹介:
パニック障害、うつ、退行現象など。
発症から16年目に突入。
2018年11月にようやく働けるようになりました。
カウンター
アクセス解析
2015年12月30日 (Wed)


ストラップで遊んでるピィ。

ストラップを取り上げると…

拍手[0回]

2015年05月03日 (Sun)


ピィ。

2014年8月24日に家族になったピィ。

まだ1歳になっていないピィ。

2014年7月下旬くらいに生まれたとのことなので、まだ8カ月くらいのピィ。





2015年5月3日。17時過ぎ。

家族三人に見守られながら静に息を引き取りました。

まだ生後8か月くらいでした。

家族に迎えて252日目でした。





急なことでした。

昨日のお昼過ぎまであんなに元気だったのに。

まだ性別も分かっていないのに。

昨日の夕方から急に体調が悪くなって、

今朝には血便と見られる排泄物もして。

病院に行って、流動食を入れてもらって、お薬も入れてもらって。

元気になってくれると思ってたのに。

夕方急変しました。




籠の中の隅っこでまるまっていたのが後ずさりを始めてじっとしていると思ったら、身体全体が床にペタリとなって。

それから横にペタンと倒れました。

起き上がれないのです。



籠から出してずっと手のひらに抱いて、撫でていて。

少しずつ固くなっていく身体をみんなで撫でていて。

少しずつ冷たくなっていく身体を温めて。

最後まで信じられなくて、声をかけ続けました。

本当に、本当に、悲しいです。





いっぱいいっぱい泣いて。

いっぱいいっぱい泣いて。

大丈夫だと思っても、また涙が出てきて。

今にも息を吹き返しそうなのに、ピクリとも動いてくれなくて。





1歳にもなっていないのに。もう逝ってしまうなんて。

早過ぎるよ。ピィちゃん。

セキセイインコの8か月は、人間だと13~17歳くらいだそうで。

若過ぎるよ、ピィちゃん。

これからもっともっと楽しいこといっぱいあったのに。





でもね。

ピィちゃん。

いっぱいいっぱいありがとう。

あなたと過ごした8か月。

幸せでした。

一緒に居てくれて、ありがとう。

私たち家族を好きでいてくれてありがとう。

人間が居ないと、ひとりぼっちになると淋しくて、普段鳴かないくせにピィピィ鳴き続けてたね。

何が気に入らなかったのか、時々ギィギィ鳴いていたね。

私たちの頭に乗ったり、肩に乗ったり、後ろを追いかけてくれたね。

スキスキ、ってお喋りしてくれたね。

一人遊びが上手で、色んなものをおもちゃにしていっぱいいっぱい遊んだね。

小松菜よりも柑橘類が好きで、私たちが食べているとすぐやってきて一緒に食べたね。

「林檎だよ」ってお母さんが言ってくれると誰よりも一番に飛んで行って食べて笑わせてくれたね。

そのくせ凄く怖がりで籠に入る時はいつもビクビクしていたね。

ご飯もゆっくり食べないでオロオロしていたね。

タブレットやスマホを操作しているとやってきて、その指先を突いて怒られていたね。痛かったよ。あれは「遊んで」って言っていたのかな。

ベルトを齧ってボロボロにしていたね。

ブランコが大好きで、部屋のハンガーや台所のハンガーが居場所だったね。

台所の袋の中がお気に入りで入ったり出たりして遊んでいたのに、しばらくしたら布巾を落とすのが楽しくなっていたね。

落とした布巾を戻すとギィギィって文句を言っていたね。

カレンダーにかかっている鈴の飾りがお気に入りになってからはそこでぐるぐるして遊んでいたね。

洗濯紐がお気に入りで下がっているロープでぐるぐるしたりして遊んでいたね。

クーラーの下が定位置だったよね。

「出して出して」とこうもりさんみたいに動くのが上手だったね。

籠の端っこで静かにアピールしていたね。

あんまり鳴かないから、かえってそれが切なくていじらしくて本当に可愛かったよ。




お父さんと仲良くしてくれてありがとう。

お母さんと仲良くしてくれてありがとう。

私と仲良くしてくれてありがとう。

ピィちゃんと一緒に過ごせて幸せでした。

沢山の幸せと笑いと喜びをありがとう。

もっともっと一緒に居たかったよ。もっともっと。





病気になったのに気付いてあげれなくてごめんね。

痛かったね。血がいっぱい出たね。しんどかったね。辛かったね。

初めての病院、怖かったね。良く頑張ったね。

最後まで傍に居てくれてありがとう。

みんなが揃うまで踏ん張ってくれてありがとう。

沢山沢山ありがとう。

どうか天国でいっぱいいっぱい遊んで幸せに過ごしてください。




ありがとう、ピィちゃん。

ありがとう。

拍手[0回]

Prev1 2 3 4 5 6 7 8  →Next
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[04/28 蓮]
[04/24 ろんり~うるふ]
バーコード