忍者ブログ
2019.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2004年に勤務先が原因でパニック障害とうつを発症して、その後退職。治療を続けて、2018年にようやく全く違う分野での社会復帰を果たす。まだまだ周囲のサポート無しでは働けないし生活も出来ないので、いつか自立出来るようになるのが目標。
応援クリックお願いします
最近読んだ本

無職転生(9) 異世界行ったら本気だす (MFブックス) [ 理不尽な孫の手 ]

魔法大学で学生生活を送っていたルーデウス。ある日、街中で出会ったフィッツに違和感を抱く。そしてフィッツの秘密を知ってしまったルーデウスは…シリーズ第9弾。

利き蜜師物語 銀蜂の目覚め [ 小林 栗奈 ]

蜂蜜から様々なことを読み取る力を持つ<利き蜜師>の仙道。豊かな花場があるカガミノに彼がやって来て四年。穏やかな暮らしを、一匹の銀色の蜂が脅かす。仙道は、幼い弟子・まゆと共に、かつての友人の元を訪れる。シリーズ第1弾。第三回「暮らしの小説大賞」出版社特別賞受賞作。

錬金術師です。自重はゴミ箱に捨ててきました。 1 (MFブックス) [ 夏月 涼 ]

王都に一人でやって来た若き錬金術師のレイス。有り金を全部騙し取られ困っていた彼を助けてくれたのは、S級冒険者のラフィーだった。規格外の錬金術師のレイスが織り成す、冒険物語が今始まる。シリーズ第1弾。

プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
読書、書道、華道
自己紹介:
パニック障害、うつ、退行現象など。
発症から16年目に突入。
2018年11月にようやく働けるようになりました。
カウンター
アクセス解析
2016年12月13日 (Tue)
自分が変わらないと

自分が動かないと



何も変わらないし

何も動かない




自分を信じて

一歩ずつ一歩ずつ

進んで行けば




きっといつか

目標の地に辿り着ける





考え方を変えて

行動を変えて

たまには失敗することもあるけれど

凹み過ぎず

良い経験だと思って

次に活かす




自分で自分を鼓舞して

自分で自分を応援して

少しずつでも進んで行こう



だって自分自身のことだもの

一度きりの人生だもの




結局最後に頼りになるのは

自分自身なのだから

拍手[0回]

PR
2013年05月26日 (Sun)
過ぎ去りしもの

訪れるもの

時間というもの

与えられたもの

一瞬一瞬の積み重ね

過去の自分が現在の己をつくり

現在の自分が未来の己をつくる

無駄なものなんて無い

無駄な時間なんて無い

ちいさな小さな積み重ねが

おおきな大きな一歩となる

たとえその歩みが他の誰にも分からぬほどに微かなものでも

己自身が感じれば良い

少しずつでも進んでいると

少しずつだが進んで来たと

それが自分なんだと

これが自分なんだと

強い意志を胸に抱いて

描く未来へ進んで行けば良い

己を信じて

未来を信じて

拍手[0回]

2013年05月26日 (Sun)
白い雲

眩いばかりの太陽の光

さんさんと降り注ぎ

全ての生きとし生けるものに力を与え育み

空へと昇ったものたちは

形を変え姿を変え再び地上に舞い降りて

また新たなる生命を育む




そんな中のひとつの生命

一生懸命精一杯生きて行こうじゃありませんか

拍手[0回]

2010年10月07日 (Thu)
心が彷徨い 揺れ動く

何をしたいのか 何をしているのか

元気になったと思ったら 落ち込んで

話を聞いてもらいたいだけ

ただそれだけ

何かを言って欲しいとかは望んでいない

長い話に付き合って 疲れたとしても

どうか怒らないで欲しい

心の防御力が 低くなっているから

ちょっとした 強い口調にも すごくしんどくなる

悲しいことは 言わないで欲しい

聞いていたら しんどくなる

引きずり込まれるから そういう時は 逃げたくなる

ただでさえ 波風が立っている私の心

周りの状態に 揺れ動く 揺れ動く 揺れ動く

穏やかな心 どこへ行った

穏やかな心 どうしたら帰って来る

自分でもわからない このもどかしさ

どうしたら ここから抜け出せる

答えはどこにもない

ただ 自分の中の言葉を 吐き出すだけ

ただ 吐き出すだけ

それでも 少しは 楽になる

だから 何も言わず ただ 聞いていて欲しい

何かを求めているわけではない

ただ 聞いて欲しかった それだけ

拍手[0回]

2010年05月25日 (Tue)
しとしとと

静かに溜まって行く水と



ごうごうと

強く燃え盛る炎と



相反するものが

同時に存在し

その身を焦がし、溺れさせ

双方から浸食していく




水も炎も

どちらも大切なものだけれど

浸食されたその身は

行くあてもなく

ただ

朽ちて行くのみ

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[04/28 蓮]
[04/24 ろんり~うるふ]
バーコード