忍者ブログ
2017.041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
パニック障害を発症して遂に13年目に突入。退行現象と向き合いながら、今日もてくてく生きています。
応援クリックお願いします
最近読んだ本

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! [ 鴻池剛 ]

著者と猫のぽんたが織り成すクスッと笑えるコミックエッセイ。

吸血鬼は初恋の味 [ 赤川次郎 ]

花嫁が結婚式場で出会ったのは死んだはずの恋人だった…!!シリーズ第34弾。

>空棺の烏 [ 阿部智里 ]

宗家を護衛する山内衆の養成機関・勁草院。雪哉と同期の様々な境遇の少年たちの成長を描く。シリーズ第4弾。

プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
読書、書道、華道
自己紹介:
パニック障害、うつ、退行現象など。
発症から13年目に突入。

■主治医からの課題結果
2017欠席回数:0(1/1現在)
2017遅刻回数:6(2/22現在)
カウンター
アクセス解析
2017年04月20日 (Thu)
【散らし書き】



<読み方>
ひさかた(多)の(能)
ひ(悲)か(可)り(里)の(乃)どけ(介)き(支)
は(者)るの(能)日に(二)
し(志)づ(津)心な(奈)く
は(者)な(那)のちるらん
[古今和歌集(こきんわかしゅう) 紀友則(きのとものり)]

<大意>
日の光がのどかな春の日に、どうして落ち着いた心もなく桜の花は散っていくのだろう。



【4行書き】



<読み方>
はるのゝの(能)
わか(可)なゝらねど
君が(可)ため
としのか(可)ずをも
つまむとぞおもふ
[拾遺和歌集(しゅういわかしゅう) 伊勢(いせ)]

<大意>
春の野の若葉ではないけれど、あなたのために年の数をも積もうと思う。

拍手[0回]

2017年04月06日 (Thu)
【楷書】



<読み方>
桃花数株の紅(とうかすうしゅのこう)

<大意>
数株の桃の花が紅(くれない)に咲いている。



【中字】



<読み方>
多年訓育情の敦き有り(たねんくんいくじょうのあつきあり)
師弟由来道自ずから存す(していゆらいみちおのずからそんす)
卒業の期に及んで偏に感謝す(そつぎょうのときにおよんでひとえにかんしゃす)
知らず何れの日か深恩に報いん(しらずいずれのひかしんおんにむくいん)
[落合東郭(おちあいとうかく)]

<大意>
長い間先生に大切に導いていただいた。師弟の間には自然につながりができている。卒業の時になり、ただ感謝するばかり。いつの日にか、その深い恩に報いたい。

拍手[0回]

2017年04月06日 (Thu)
【散らし書き】



<読み方>
あ(阿)ま(万)の(能)は(者)ら(羅) 
ふ(婦)りさ(佐)け(介)み(三)れば(八) 
春日な(那)る
三笠の山に(耳)
い(以)で(天)し月か(可)も(毛)
[古今和歌集(こきんわかしゅう) 安倍仲麿(あべのなかまろ)]

<大意>
大空遠く仰ぎ見ると月が出ている。あの月は昔、春の日の三笠の山に出た月と同じであろうか。



【四行書き】


<読み方>
さきそ(所)めて
春をおそしと
ま(満)ち(遅)け(介)らし
雪のうちより(利)
に(尓)ほ(本)ふうめが(可)え(衣)
[風雅和歌集(ふうがわかしゅう) 藤原公蔭(ふじわらのきんかげ)]

<大意>
いち早く咲き始めて、春を遅しと待っているようだ。雪の降るうちから香り高く匂う梅が枝よ。

拍手[0回]

1 2 3 4 5 6  →Next
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
9 13 15
16 17
23 25 26 27 28 29
30
最新CM
[04/24 ろんり~うるふ]
[02/03 蓮]
バーコード