忍者ブログ
2017.101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
パニック障害を発症して遂に14年目に突入。退行現象と向き合いながら、今日もてくてく生きています。
応援クリックお願いします
最近読んだ本

君にさよならを言わない(2) (宝島社文庫) [ 七月隆文 ]

幽霊が視えるぼくは、娘を想う地縛霊の館川小梅と出会う。シリーズ第2弾。

玉依姫 [ 阿部智里 ]

生贄伝説のある龍ヶ沼。山内村にある母の実家を訪ねた女子高生の志帆は、恐ろしい儀式に巻き込まれる。シリーズ第5弾。

君にさよならを言わない (宝島社文庫) [ 七月隆文 ]

事故がきっかけで幽霊が視えるようになった少年、須玉明。彼と幽霊となった少女たちとの交流を描いた連作短編。

プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
読書、書道、華道
自己紹介:
パニック障害、うつ、退行現象など。
発症から14年目に突入。
カウンター
アクセス解析
2011年03月06日 (Sun)
帰ってきてからが大変だった


なんたん怒り爆発


泣く


母も泣く


しまいには父も泣く


父パニック起こしそうになる(心の病気あるので)



まぁそりゃ大変さ




全て父が悪いんだけどね



せっかく母と楽しい気分で出かけてきたのに



いつも台なしにするのは父だ



前の家、結局半年ほど、月に2度しか帰らないのに家賃やらいろいろ払い続けて、


なんたんの貯金がヤバいことになって引き払ったけど



無駄なお金だと思ってたけど、無駄じゃなかったよ



あの頃は父に関わると体調悪くなってたから



逃げ場所が必要だったんだ



お金さえあれば、今でも前の家に帰りたい



父には呆れる



母は良く我慢してると思う



いつもなんたんが調子良くなってきた時に余計なことして落とすのは父だ



考えが浅過ぎる



自己中過ぎる



周りのことなんて考えてない



だからなんたんは母と共に、なんたんの部屋に逃げる



父がもっと大人になってくれれば、我が家ももう少し落ち着くのに




そんな訳で昨日は帰ってきてからがすごい疲れた



今日動こうと思うのにしんどくて出来ない



だから寝ることにした



少しは楽になると良いな

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.9580No.9579No.9578No.9577No.9576No.9575No.9574No.9573No.9572No.9571No.9570
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
8 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[04/28 蓮]
[04/24 ろんり~うるふ]
バーコード