忍者ブログ
2017.041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
パニック障害を発症して遂に13年目に突入。退行現象と向き合いながら、今日もてくてく生きています。
応援クリックお願いします
最近読んだ本

カンナ(戸隠の殺皆) [ 高田崇史 ]

諒司の言葉を手掛かりに、甲斐たちは天岩戸伝説のある戸隠にやって来た。シリーズ第5弾。

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! [ 鴻池剛 ]

著者と猫のぽんたが織り成すクスッと笑えるコミックエッセイ。

吸血鬼は初恋の味 [ 赤川次郎 ]

花嫁が結婚式場で出会ったのは死んだはずの恋人だった…!!シリーズ第34弾。

プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
読書、書道、華道
自己紹介:
パニック障害、うつ、退行現象など。
発症から13年目に突入。

■主治医からの課題結果
2017欠席回数:0(1/1現在)
2017遅刻回数:6(2/22現在)
カウンター
アクセス解析
2017年04月02日 (Sun)
と言うのを、先日お友達と話しました。

お友達と行った昨年の尾道日帰りプチ旅行から1年経ちました。

1年って早いですね。

なんだか、色々ありました。

あっという間でした。




会える時に会いたい人に会って、行ける時に行きたいところに行ってみたいものです。

出かけられるのも、元気になって来た証拠。

外出での行動治療は、やっぱり成果は出ているんだな、と思います。

日々の生活の中でも支えてくれる方々への感謝を忘れずに過ごしたいです。

拍手[0回]

PR
2017年04月02日 (Sun)
まだ練習は出来ていません。

もう少ししたら出来るかな。

今日はかなの練習をする予定です。

拍手[0回]

2017年04月02日 (Sun)
書道練習日です。

前回の書道練習日は、あまりのしんどさに寝て一日が過ぎてしまい、全く練習出来ませんでした。

書道展が終わって2週間。

ペン字練習すら出来ていません。

今日は出来るかな。




というか、やらないと。

拍手[0回]

2017年04月02日 (Sun)
今日は久しぶりに沢山書きました。

先々月にあったことを書いたかどうか忘れたのですが、最近の私の場合体調が悪化した際に症状の分かれ道があります。

それは、「過呼吸発作」か「退行現象」かということです。




以前は、日に何度も過呼吸発作を繰り返していました。

また、退行現象が出るようになってからは、最初の頃はほぼ24時間退行していました。





歳月が経ち、次第に過呼吸発作が減って来たと思ったら、退行現象が増えてきました。

以前とはまた微妙に違う退行現象です。

否、一緒なのだとは思うのですが、症状の持続時間が違うので以前よりかは楽なのかもしれません。

かもしれません…というのは、正直、最初の頃のことを殆ど覚えていないからです。

こうして記録に残しておけば、後で読み返して思い出せるのでしょうが、読み返すのはしんどいので読み返すことは殆どありません。

でも、書くことで心が整理され楽になります。

だから、やはりここは私になくてはならない場所なのです。




話が逸れましたが、私の中で今の一番のネックが退行現象です。

数年前にようやく退行現象のことを受け入れられるようになったのに、今はそれがネックだなんて皮肉なものです。



社会復帰したくて堪らなくて気持ちが爆発した時に、退行現象への嫌悪感も爆発しました。

そして、無理に止めたら…過呼吸発作が起こりました。




以前から、しんどくなった時の症状の分かれ道があると主治医とも話していたのですが、今回のことでよりハッキリとしました。

どうやら私は、しんどくなった時に「過呼吸発作」か「退行現象」のどちらかが出るみたいです。




一昨年だったかな。

外出先で過呼吸発作を起こして、救急車を呼ばれました。

それからは、過呼吸発作よりも退行現象の方が良いと思って、抑えていた退行現象を出すようにしたら過呼吸発作が減りました。

ただ、そこからの退行現象の頻度の高さが正直辛いです。

まぁ、でも。

退行現象では救急車を呼ばれることがないので、人様に迷惑をかけるのが減って良いかなと思います。





ただ、退行現象の方を出すようになってからというもの、ガッチャンも毎日のように出るので厄介です。

退行現象だけなら、まだ辛うじて分かってくれる人には通じるのですが、ガッチャンはもう誰にも何も通じません。

自分自身も止められないのです。




そんな訳で、今は過呼吸発作は減りましたが、毎日退行現象とガッチャンを何度も出す生活が続いています。

もうちょっと減ったら良いんだけれど。

兎に角、行動療法を続けて、色々なことに自分を慣らしていくしかないですね。

行動療法での練習を頑張ります。

拍手[0回]

2017年04月02日 (Sun)
診察も無事に終わり、次回の予約もしました。

さて、帰ろう。



となって、病院を出たら一気に状態が悪くなりました。

思い返せば、

①いつもよりも1本早い電車(20分ほど早い時間)に乗る為に、朝の準備をかなり頑張ったこと。
②いつもよりも電車の乗客が多かったこと。
③早く着いた為に、いつもよりも待ち時間が長かったこと。
④待ち時間の間にしんどさが増して退行したけれど立ち直れなかったこと。
⑤「先生に話し過ぎたのでは」と不安が強くなったこと。

などの要因が考えられるのですが、その時はどうしてこんなにしんどくなったか分からずに不安が強くなって行きました。




久し振りに、まともに歩けなくなりました。

全然進まないのです。

足を前に運べないのです。

この症状が出たことで更に不安が増して、無事に駅まで辿り着けるのかも分からず途方に暮れました。

それでも、何とか少しずつ前に進もうとするのですが、ついに一歩も動けなくなったんです。

座ることも出来ず、道端で立ち尽くしていました。

10年程前に、徒歩5分の場所から帰れなくなった時の情景がフラッシュバックしました。

こういう時は、電話で誰かと話をすると少しずつ楽になるのですが、生憎父も母も病院受診などで電話が出来ない状況だったので、本当にどうしようかと思いました。

唯一、一か八かでかけた方が電話に出てくださって、本当に救われました。

かなり長い間話を聞いていただいて、涙も流してようやく足を動かせるようになった時にはホッとしました。

電話をしながら駅まで歩いて、帰りの電車に乗ることが出来ました。






ところが、これまた行きと同様、かなりの人で、もう今回は無理でした。

ショッピングモールがある駅で途中下車。

休憩して帰ることにしました。



休憩したら少し楽になりました。

そんなこんなで、帰宅したらぐったり。

今度からもしんどかったら途中下車しようと思いました。

拍手[0回]

Prev1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  →Next
ブログ内検索
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
9 13 15
16 17
23 28 29
30
最新CM
[04/24 ろんり~うるふ]
[02/03 蓮]
バーコード